サーバいじくり雑記

2015年3月9日

UnicodeのWAVE DASH例示字形が、25年ぶりに修正された理由

Filed under: ソフト, 開発技術 — bompopo @ 2:16 PM

UnicodeのWAVE DASH例示字形が、25年ぶりに修正された理由

ま・じ・か!!

ソフトエンジニアなら誰でもこの問題に出会い、しょうがないから後でこの文字だけ特別な処理してたりしたわけですが〜!

とうとう!!

この偉大な修正に敬礼(`・ω・´)ゞ

広告

2014年12月25日

Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク 知っておきたい7つのID連携実装パターン

Filed under: セキュリティ, ソフト, 開発技術, Web — bompopo @ 10:58 AM

Yahoo!JAPAN デベロッパーネットワーク 知っておきたい7つのID連携実装パターン

いま手元でやってるのはあんましよい方法じゃないかもな。
もちっとちゃんと考えよう。

2014年12月17日

py-selenium+phantomjsでUser-Agentを設定する

Filed under: 開発技術, Python, Web — bompopo @ 1:16 PM

はー、未だ謎多きpy-selenium+phantomjsです。
とりあえず一つの問題が案外簡単にクリアできたのでメモ。

最近私の頭を痛めていた問題に、「新しいウィンドウを生成するような動作(target=_blankなaをクリック等)をした時、その新しいウィンドウに設定したはずのUAが反映されない」というのがありました。

phantomjsにデバッグ出力オプションをつけて眺めていたところ以下な感じに処理されているようでした。(かなり省いてます)

_addNewPage               <-- 新しいウィンドウつくる!
page.settings             <-- phantomjs.page.settings. に定義されている値が設定される
                                                      (UA定義なければphantomjsデフォ)
page.customHeaders        <-- phantomjs.page.customHeaders. に定義されている値が設定される
                                                           (定義なければデフォなにもしない)
page.onResourceRequested  <-- phantomjs.page.customHeaders. に定義されている値が設定されるが、
                                                            定義なければphantomjsのデフォ値が設定される

つまり、世に出回っている「phantomjs.page.settings.userAgent」への設定だけでは、新しいウィンドウ作った時には「onResourceRequested」にて「phantomjsのデフォ設定値」で上書きされてしまうのです(ナンデ。

最初は「onResourceRequested」で使われる値がなにかわからなかったのですが(ソースざっと読んでも分からなかったorz)、試しに「customHeaders」に設定したところ「onResourceRequested」にても同設定値が使用されていました。

確認したphantomjsのバージョンは1.9.8なのですが、恐らくこの動作は仕様ではないのではないでしょうか。今後動作が変わる気がします。

結局以下のようにするのが今の所(ver1.9.8)ではスマートで鉄板ということに。

from selenium.webdriver.common.desired_capabilities import DesiredCapabilities

ua_value = 'Mozilla/5.0 (X11; Linux x86_64; rv:34.0) Gecko/20100101 Firefox/34.0 Iceweasel/34.0'

dcap = DesiredCapabilities.PHANTOMJS
dcap['phantomjs.page.settings.userAgent'] = ua_value
dcap['phantomjs.page.customHeaders.User-Agent'] = ua_value

driver = webdriver.PhantomJS( desired_capabilities=dcap )

#以降処理

追記:いや、selenium側の問題の可能性も?

2014年12月4日

セキュリティに詳しくなる無償のオンライン講座、2015年からスタート

Filed under: セキュリティ, 開発技術, Web — bompopo @ 4:45 PM

セキュリティに詳しくなる無償のオンライン講座、2015年からスタート

一応登録しとくか。。。存在忘れちゃいそうだけど登録しとけば開始の前に連絡くるよな。多分。

ga024: 情報セキュリティ『超』入門

NEC、世界初の「物体指紋」を認証する技術を開発

Filed under: ソフト, 開発技術 — bompopo @ 4:35 PM

NEC、世界初の「物体指紋」を認証する技術を開発

おおお。なんかすげぇけど、どこまで判別できるんじゃろ。もしくはどこまでいったら別物になるんだろ。表面をほんのちょっと研磨しただけで別物なのか。。。

ともあれ面白い技術である。

変形文字の判読はもう不要、Googleが新型CAPTCHA開発

Filed under: セキュリティ, 開発技術, Web — bompopo @ 2:36 PM

変形文字の判読はもう不要、Googleが新型CAPTCHA開発

前後の行動を見て判断するって書いてあるけどどういう技術背景で判断しているか書いてないので使ってみるしかなさそうだ。幸い(?)すでに実績を積んでいるようである。

導入方法はGoogle Developers reCAPTCHAを見ればすぐ試せそう。後で試すメモ。

2014年10月8日

「絵文字に平等をサポートしてください」人種差別の指摘にゆれるUnicode

Filed under: その他, ソフト, 開発技術 — bompopo @ 11:38 AM

「絵文字に平等をサポートしてください」人種差別の指摘にゆれるUnicode

日本のケータイ業界が日本のために急遽ねじ込んだ絵文字。そんなだからだったせいかココに来て痛い問題発生。

エキスパート案Unicode案共に現行実装との互換性の問題が発生するんだけど、仕組み的にはいいと思う。が、こういう問題が発生する度に実装を変更せざるを得ない対応ってのは作る側として困る。

その分文字増やせばイイじゃんなアイルランド案は、じゃー文句出る度にそれだけ文字種類を倍々のように追加していくのかって感じがする。この対応のみコレで、次の何かのために実装を考えて実装を進めておくって手がいいかもしれない。

何にせよ日本の業界がねじ込んだ仕様で問題が発生して申し訳ない気分に。まるでsjisコードのような。

2014年7月18日

プログラミングに特化した日本語Q&Aサイト「teratail」公開

Filed under: ソフト, 開発技術, Web — bompopo @ 8:16 AM

プログラミングに特化した日本語Q&Aサイト「teratail」公開

プログラミングのQAサイトはたまに役に立ちます。コアな質問・疑問にも答えてくれる人がいるといいのだけれども…。中身みてると学校の課題の答え出してーとか、超初心者の質問ばっかりだったりとがっかりが多い。これはどうかー?って見てみると…。

トップページが404 notfoundなんだけど、これはこういうジョーク?

2014年6月24日

データの削除は非推奨

Filed under: Database, 開発技術 — bompopo @ 9:28 PM

データの削除は非推奨

ふむふむ。確かにわからんでもない。DBの容量が問題にならなくなった今だからできるようになった手法ではありますが。あとはDBのインデックス的な問題とかが残りますが、それは力技でなんとかできる方法がすぐ思いつくのでもっと捻ればなんとかできそうな気がする。

2014年6月23日

世界92カ国4000人の頂点は? バーチャルカーレースで決める世界一 プログラミング大会「HELLO WORLD OPEN 2014

Filed under: おもしろ, ソフト, 開発技術 — bompopo @ 5:45 PM

世界92カ国4000人の頂点は? バーチャルカーレースで決める世界一 プログラミング大会「HELLO WORLD OPEN 2014

おおおお。こういうのいいなぁ!!出来れば挑戦したいですわ。

Older Posts »