サーバいじくり雑記

2014年12月9日

近未来風な強化ガラスキーボードのサンプルが入荷、タッチ式で物理キー無し

Filed under: ハード — bompopo @ 3:57 PM

近未来風な強化ガラスキーボードのサンプルが入荷、タッチ式で物理キー無し

おおおう。またムダに面白いものをw。

ジェスチャー使えるって点が便利点かな。ペンタブのように使うことも可能かもしれない。

しかしいかんせん高い。まぁインテリア的なものだよね。
これでブラインドタッチとかそういうのは無理だし。

2014年12月2日

モバイル液晶「On-Lap」がフルHD&Mini DP直結で実用性アップ、 メインでも使えるその実力をチェックしてみた

Filed under: ハード — bompopo @ 11:36 AM

モバイル液晶「On-Lap」がフルHD&Mini DP直結で実用性アップ、
メインでも使えるその実力をチェックしてみた

このシリーズはどれもいつもツボにはまっていて超欲しいんだけど、今回のお値段約3.5万円。いつもお高いんですよ。もう少し安ければー。

13.3インチモバイル液晶モニター On-Lap 1303H

2014年10月4日

触るな危険!USB機器向けの安価な負荷装置が販売中

Filed under: ハード — bompopo @ 1:06 PM

触るな危険!USB機器向けの安価な負荷装置が販売中

いいな。これほしい。USB機器というかRPiとか、供給容量に限界がある時の動作チェックに使いたい。

2014年9月7日

PT3用アニメ録画専門ソフトの最新版が発売、自動CM編集に対応

Filed under: ソフト, ハード — bompopo @ 8:58 AM

PT3用アニメ録画専門ソフトの最新版が発売、自動CM編集に対応

様々な「CM編集モード」が用意されているのが特徴で、番組中のCMをカットして本編のみを残せるほか、本編をカットしてCMのみを残す、本編の後ろにカットしたCMをまとめて配置する、といったユニークな編集も行なえるという。

これは15年前に欲しかったな。
CMをコレクションしていた時期があったのです。アイドルのとか車のとか特定せず無節操に色々。

その頃は本編捨ててCMのみ録画なんて機能はハード・ソフト共に存在しなかったから。

ところでこれPT2では動作しないのかなぁ。

2014年8月28日

USB接続のサーモグラフィが販売中、Webカメラと連動可能

Filed under: ハード — bompopo @ 10:56 AM

USB接続のサーモグラフィが販売中、Webカメラと連動可能

これはまた面白開発ができそうなデバイスが。も少し安くてlinux用のSDKがついてれば即買いなんだが。

2014年8月8日

家をRaspberry Piで管理できるようにする拡張ボード「UniPi」

Filed under: ハード — bompopo @ 6:00 PM

家をRaspberry Piで管理できるようにする拡張ボード「UniPi」

超魅力的なボードだが、ちと高い。。。せめて数千円レベルなら買うのだが。

Thermaltake Core V1 Mini-ITX対応キューブPCケース CS4872 CA-1B8-00S1WN-00

Filed under: ハード — bompopo @ 6:00 PM

Thermaltake Core V1 Mini-ITX対応キューブPCケース CS4872 CA-1B8-00S1WN-00

これは良い感じですな!
今使ってるMiniITXキューブケースはVGA長がぴっちぴちでスイッチが接触するので絶縁体を挟んでたりするw
その点これは問題なさそうだ。

あとUSB等が前面についていれば文句な購入してたかも。どうすっかなー。欲しい…。

2014年7月11日

ポケットサイズで3Dゲームもできる超小型PC「Tango PC」とは何か?

Filed under: ハード — bompopo @ 8:49 AM

ポケットサイズで3Dゲームもできる超小型PC「Tango PC」とは何か?

これは結構イイ製品じゃないでしょうか。
ドッキングステーションが無いと動かないので持ち歩くのはその先にドッキングステーションがあるときに限られますが、省スペース、省電力なのは最近のニーズにかなり合ってると思います。

っつか欲しいですが…、ちと高いですね。日本語環境も気になりますし(プリインストールされるWinとか…)。

2014年6月25日

NICもそうだけどHUBもいい物を買うべき!

Filed under: ハード — bompopo @ 5:48 PM

我が家のPCのNICは手頃価格なのに結構いいもの(インテル Gigabit CT Desktop Adapter EXPI9301CT)を導入して、1対1でのスピードには満足していました。
しかし、同一ハブ内の複数端末での高負荷時にパフォーマンスがガタ落ちしてしまう現象になやんでいました。いや、ハブが悪いってのはわかっていたのです。
我が家はサーバ機を置いてシンクライアントのサーバやSAN等ネットワークに負荷かかりまくりの利用の仕方をしているので普通の家よりネットワークにかかる負荷が高いんですよ。

ちなみに当初使っていたハブは投げ売り状態の格安ギガハブBUFFALO Giga対応 5ポート スイッチングハブ LSW3-GT-5EP/WH
BUFFLALOな時点で性能はお察しな感じでしたが、5千円台までのハブの性能は大して変わらんだろ〜とか思っていました。数日前までは!(さすがに万クラスのハブは手が出ないし〜)。

しかし、プロがハイエンド業務用にも使うNETGEARが低価格でハブを出していました。というか個人的にも前からNETGEAR大好き。
NETGEAR Inc. GS108E 【本体ライフタイム保証】8ポート ギガビット Plus スイッチ GS108E-100JPS

5000円前後と低価格で(Winから専用ソフト使っての操作のみですが)マネジメント機能付きだと…?もしかしたら…、いやいや所詮数千円レベル…(まだ疑ってました)。

注文して2日後に到着…、早速置き換えてみると…、負荷を思いっきりかけても、今まで発生していたパフォーマンス落ちがほとんど気にならないレベルになったのです!すげぇ!!
今まではシンクライアント端末でpulseaudioでネットワーク越しに音鳴らしていただけで別の端末のiSCSI接続のHDDが「動いてんの?」レベルになっていたのが、まったく遅延なし!

5000円のハブでもちゃんとしたものならここまで変わるものなんだと思い知らされました。

ハブの性能をベンチる方法がワカラナイので数値では出せませんが、「ギガ対応」と書いてあるだけのしょぼい投げ売りハブを買うより少しお金足してでもこれ(NETGEAR Inc. GS108E 【本体ライフタイム保証】8ポート ギガビット Plus スイッチ GS108E-100JPS)買うべき!!マジオススメです!!

2014年6月13日

エージェントレスで消費電力を可視化する「Cisco EnergyWise Management」

Filed under: ソフト, ハード — bompopo @ 2:32 PM

エージェントレスで消費電力を可視化する「Cisco EnergyWise Management」

どうやって消費電力値を収集してるのか気になる…。PoE限定とかOSは対応の限定とかではなく全部って言い切ってるんだよな。詳細な仕様書見当たらないし。

これ、超気になります。

追記:その電力は本当に必要か? ICT機器の消費電力を見える化し、大幅なコスト低減を(豆腐より)
はい、誇大広告でした。見事に釣られました。エージェント(とは書いてないが)使わない場合はカタログスペック値使うとかそういう感じ。
この製品はエージェントレスで全部OK!って広告打つより電力の見える化と管理機能を推すべきじゃね?

Older Posts »