サーバいじくり雑記

2014年10月10日

UPDATING 20141008 AFFECTS: users of lang/ruby19

Filed under: FreeBSD — bompopo @ 11:17 AM
20141008:
  AFFECTS: users of lang/ruby19
  AUTHOR: swills@FreeBSD.org

  The default ruby version has been updated from 1.9 to 2.0. 

  If you compile your own ports you may keep 1.9 as the default version by
  adding the following lines to your /etc/make.conf file:

  #
  # Keep ruby 1.9 as default version
  #
  DEFAULT_VERSIONS+=ruby=1.9

  If you wish to update to the new default version, you need to first stop any
  software that uses ruby. Then, you will need to follow these steps, depending
  upon how you manage your system.

  If you use pkgng, simply upgrade:
  # pkg upgrade

  If you use portmaster, install new ruby, then rebuild all ports that depend
  on ruby:
  # portmaster -o lang/ruby20 lang/ruby19
  # portmaster -R -r ruby-2.0

  If you use portupgrade, install new ruby, then rebuild all ports that depend
  on ruby:

  # pkg delete -f ruby ruby-iconv portupgrade
  # make -C /usr/ports/ports-mgmt/portupgrade install clean
  # portupgrade -x ruby-2.0.\* -fr lang/ruby20
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。