サーバいじくり雑記

2014年6月24日

UPDATING 20140622 AFFECTS: users of security/gpgme

Filed under: FreeBSD — bompopo @ 12:50 PM
20140622:
  AFFECTS: users of security/gpgme
  AUTHOR: jhale@FreeBSD.org

  If you have both security/gnupg AND security/gnupg1 installed, gpgme will
  now automatically detect and use security/gnupg.  Specifically, it will
  search for gpgconf(1) first and use the paths for the binaries provided
  by it.  Failing that, it will search for a binary named "gpg".

  It is no longer possible to specify the location of the gpg binary at
  buildtime to differentiate between version 1.x and version 2.x.  The port
  options GNUPG1 and GNUPG2 now merely add their respective versions of gnupg
  as build and runtime dependencies.
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。