サーバいじくり雑記

2014年4月27日

Heardbleed禍のOpenSSLは「もはや修復不能」。OpenBSDがフォーク版開発へ

Filed under: セキュリティ, ソフト — bompopo @ 12:26 AM

Heardbleed禍のOpenSSLは「もはや修復不能」。OpenBSDがフォーク版開発へ

まぁOpenSSLは年間総額20万円くらい寄付だけでやってきた人たちらしいですから、これに専念することはできなかったんでしょうね。

にしてもヒドイですね。OpenSSLのコードは難解って噂はずっと前から聞いてましたがこういう意味で難解だったのでしょうか。

OpenSSLは残るけどもう使われないメンテされないレガシーライブラリになるんかな。気になるのはOpenSSLを採用してるディストリビュータ。世のデファクトからOpenSSLが外れてもOSの基幹部分で変更なしで使うことを前提に作ってサポート期間もたっぷり残っているのとかどーすんだっていう。

みなさん、このフォークプロジェクトとOpenBSD本家を応援するために、寄付かOpenBSDの媒体を買いましょう。

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。