サーバいじくり雑記

2014年3月8日

UPDATING 20140307 AFFECTS: users of devel/py-setuptools dependent ports

Filed under: FreeBSD — bompopo @ 1:36 PM

バージョン毎に違うsetuptoolsのportsが用意されたようなのでそれぞれ使っているpythonのバージョンに合わせたので置き換えてねって話だが、全部のportsが対応済みというわけではなく、未だpy-setuptoolsに直に依存してしまっているのが存在している。
つまりこの手順はしばし待った方がいい。すぐ必要になるわけでもないしね。

20140307:
  AFFECTS: users of devel/py-setuptools dependent ports
  AUTHOR: sunpoet@FreeBSD.org

  devel/py-setuptools is being used for every python ports (if USE_PYDISTUTILS
  defined) since r336553. Due to PKGORIGIN limitation, we cannot build one
  python port with python27 and the other with python33 since they require
  different setuptools versions which have same PKGORIGIN. With the addition
  of py-setuptools{27,32,33}, we could now have py27-foo and py33-bar coexist
  in one system.

  Note that this is only a short-term solution. It does not help if you need
  coexistence of one port with different python versions, e.g. py27-foo and
  py33-foo.

  Please rebuild all ports that depend on devel/py-setuptools and use
  devel/py-setuptools{27,32,33} instead.
  
  XX represents python version (27, 32 or 33) in the following steps.

  pkgng users:

  # pkg set -o devel/py-setuptools:devel/py-setuptoolsXX

  portmaster users:

  # portmaster -o devel/py-setuptoolsXX devel/py-setuptools
  # portmaster -r devel/py-setuptools

  portupgrade users:

  # portupgrade -o devel/py-setuptoolsXX -f devel/py-setuptools
  # portupgrade -fr devel/py-setuptools
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。