サーバいじくり雑記

2013年11月22日

Xfce4で環境変数等の定義の方法

Filed under: ソフト, FreeBSD — bompopo @ 11:22 PM

FreeBSD上で無理やり動かしたltspサーバ経由でberryterminalからログインすると、メニュー言語が英語のままな上に環境変数が.shrc等で定義してても読み込まず日本語変換サーバも事前起動できない状況。
なんとかせねばー。と、どこで環境変数等を定義するのが一番スマートなのか試行錯誤した結果をメモっとく。

「~/.config/xfce4/xinitrc」に書くのが一番スマートな気がする。このファイルはstartxfce4から読み込まれるので安心だ。他にKDEとかgnomeとか使う場合は環境変数部分だけ別ファイルにして設定読み込ませるのがいいかもね。

#!/bin/sh

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8

mozc_server_start
export XIM=ibus
export GTK_IM_MODULE=ibus
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=ibus
export XIM_PROGRAM="ibus-daemon"
export XIM_ARGS="-r --daemonize --xim"

. /usr/local/etc/xdg/xfce4/xinitrc "$@"

参考:Xfce 4.4における環境変数の設定と自動実行コマンド

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。