サーバいじくり雑記

2013年9月10日

UPDATING 20130605 9-Stable

Filed under: FreeBSD — bompopo @ 9:03 PM

キタのよー。とりあえずデフォルト設定でOK。

20130605:
        Added ZFS TRIM support which is enabled by default. To disable
        ZFS TRIM support set vfs.zfs.trim.enabled=0 in loader.conf.

        Creating new ZFS pools and adding new devices to existing pools
        first performs a full device level TRIM which can take a significant
        amount of time. The sysctl vfs.zfs.vdev.trim_on_init can be set to 0
        to disable this behaviour.

        ZFS TRIM requires the underlying device support BIO_DELETE which
        is currently provided by methods such as ATA TRIM and SCSI UNMAP
        via CAM, which are typically supported by SSD's.

        Stats for ZFS TRIM can be monitored by looking at the sysctl's
        under kstat.zfs.misc.zio_trim.
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。