サーバいじくり雑記

2013年9月10日

UPDATING 20130430 9-Stable

Filed under: FreeBSD — bompopo @ 8:57 PM
20130430:
        The mergemaster command now uses the default MAKEOBJDIRPREFIX
        rather than creating it's own in the temporary directory in
        order allow access to bootstrapped versions of tools such as
        install and mtree.  When upgrading from version of FreeBSD where
        the install command does not support -l, you will need to
        install a new mergemaster command if mergemaster -p is required.
        This can be accomplished with the command (cd src/usr.sbin/mergemaster
        && make install).

        Due to the use of the new -l option to install(1) during build
        and install, you must take care not to directly set the INSTALL
        make variable in your /etc/make.conf, /etc/src.conf, or on the
        command line.  If you wish to use the -C flag for all installs
        you may be able to add INSTALL+=-C to /etc/make.conf or
        /etc/src.conf.
広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。