サーバいじくり雑記

2013年1月9日

Raspberry PiをiSCSI rootで使う

Filed under: ソフト, ハード, Linux — bompopo @ 11:33 PM

Raspberry Piが2台年末に届いたもののSDカードやマルチカードリーダが揃ってなかったりと色々あって試し始めるのが遅くなってしまった。

基本的に公式にイメージが公開されているRaspbianを使ってれば困らないのだが、SDカードをベースとしている以上書き込み回数や速度で困るのは目に見えて居るので、先日のWindows7を完全にPXEでネットワークブートにした経験からiSCSI rootに挑戦することに。
ちなみに完全にSDカードを排除することは不可能なようです。PXE非対応なためで、じゃーPXEなイメージをSDカードに入れてみては?と思って調べたらARMで起動するのは無いみたい。で、ちと違うがU-bootを使えばTFTPでネットワークブートもできそうな気がする…。そのうち試します。

で、日々色々やるのにとりあえずiSCSI rootですが先駆者が居たのでそこまでは楽でした。
RPi iSCSI Initiator

が、この手順でやるとカーネルのバージョンがバシッと上がってしまいXが起動できなくなるワナが!カーネルは3.2.27が使われるようにしましょう〜。
具体的にはgitで取ってきたあとにブランチを切り替えます。(X使わなくても3.6系はテスト的な位置なので3.2系が安心)

# git branch -r                  # どんなブランチがあるのか確認
  origin/HEAD -> origin/rpi-3.6.y
  origin/master
  origin/rpi-3.2.27
  origin/rpi-3.6.y
  origin/rpi-patches
# git checkout origin/rpi-3.2.27 # ブランチの切り替え

あとは最初のパーティションだけddでバックアップとっておけば、SDカードの他の部分はどうなってもOK!(iSCSIマウント前はramfs使うので)

サーバのデータ利用するためのネットワーク共有ですが、各所で「Raspberry PiのNFSは糞遅い」って言われてたのとjail内NFSサーバがうまく起動しなかったので非Windows同士なのにsambaでやりました。結構現実的なスピードですよ。

さて、次はXBMC for Raspberry Pi試したいな。jail上とはいえXのアプリが原因でサーバ自体が落ちることたまにあるので、ぜひGUI環境をサーバから排除したい!!

広告

コメントする »

まだコメントはありません。

RSS feed for comments on this post. TrackBack URI

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。